カンニング竹山の破局の噂はなし

カンニング竹山は数年前に長く交際していた一般女性と結婚していますが、テレビ的な演出で夫婦間のトラブルなどは報道されても、実際破局といった噂はまったくないようです。売りにしているキレキャラとは裏腹に、本当はとてもお人好しで優しいという噂じゃないですか。相方さんが亡くなる前後の行動も、「男気のある人だな」という印象を持ちました。ピンで活動するようになってからは、お笑いネタよりもレポーターやひな壇芸人として活躍するようになっていますよね。私は以前のキレキャラよりも、変な人に振り回されるお人好しのおじさんな今のほうが好きですね。



桜前線のメンバーの本名で検索したら・・・

桜前線というお笑いコンビがいるそうですが、最近テレビで見かけることがないのでコンビ名ではなくメンバーの本名で検索して見ることにしました。かれらのブログを見たのですが、更新は2008年で止まっていて・・・。「今年はブレークする」とか書かれてあったのですが、そんな兆しは見えなかったようです。本当の桜前線情報はいろいろありますが、あまりにもお笑いコンビとしての桜前線の情報がでてこないので、メンバーの本名から調べてみたら、どうもそれぞれ現在ではピン芸人として活躍している様子。一体これまでにどんな経過があって、桜前線というコンビはどうなってしまったのか、全くナゾのままです。

PVでも共演した吉田美和さんの結婚相手

この頃ドリカムの吉田美和さんが結婚した相手の男性は、2009年に出したPVの中で吉田美和さんと共演している人のようです。なんと年の差19歳。前の旦那さんが亡くなってしまってしばらく精神的に参っていたと言われている吉田美和さんもここにきてやっとほっと落ち着く場所ができたということでしょうか。吉田美和さんの歌う歌自体が、愛をテーマにしていることが多く、聴いている私も愛にあふれた明るい未来をイメージして元気をもらっていたので、吉田美和さんがそんな風に心を預けられる人を見つけることができたのはとてもうれしいです。

噂にも動じない内田裕也の結婚関係の今後

ヒット曲がないばかりに「日本ロック界のドン」というのは本当なのか、なんて噂されている内田裕也ですが、別居中ながらも結婚関係は続いている女優の奥さんには頭が上がらないみたいですね。最近でも警察沙汰になるような問題を起こして、娘さんとは絶縁状態になっているというところでも奥さんは甲斐甲斐しく面会までしてあげていて、すごく愛されてるんだな、という印象でした。内田裕也ももう70歳を越しているというのに、全く丸くなる様子もなく、言動もいまだにギラギラしているのは、やっぱりロックンロールを愛しているからでしょうか。

結婚式の挿入歌にも合うDREAMS

私たちの世代では結婚式に流す音楽は必ずといっていいほどDREAMS COME TRUEの曲が入っていましたが、今度の新曲も明るい未来を連想させる曲になっているみたいですね。DREAMS COME TRUEは私にとっては青春時代に欠かせなかったアーティストです。曲のテーマも「愛」をイメージしたものが多くて、多感な女子高生だった私たちの胸にぐんぐん響く曲ばかりでした。だからカラオケに行ってもみんなDREAMS COME TRUEの歌を歌いたがって、困ったほどです。ミュージシャンとしては数々の困難がありつつも、長く続いているグループなだけに、これからもずっと応援していきたいです。

結婚式の余興としても使われた羞恥心のPV

一時期は結婚式の余興として男性ユニット羞恥心の歌が流行りましたけど、みんなその練習のためにPVを見ながら一生懸命研究したんだろうなと思います。何しろ3人絡んでの踊りもあり、歌もあり。衣装も赤・黄色・青と分けて華やかになるし、結婚式の余興の歌にはピッタリでしたね。すごく人気があったグループだったので、解散せざるを得なくなったのはとっても残念ですけど、それをきっかけにメンバーがソロとして音楽活動を始めて、それもかなり評判が高いですよね。まさか俳優として活動していた二人がミュージシャンとしても成功するとは思いませんでした。

結婚はしていない小西克幸のトークライブ

まだ結婚はしていないといわれている小西克幸ですが、よくトークライブにも登場するようですね。私は映画や何かの作品を見る際に、トークライブがあったら見たい方ですね。その映画や作品が生まれた由来とか、作品にこめた想いとか、出演者や監督がどんな風に観客に見てもらいたいかを紹介して貰えるので。映画を見ていても「あれってどういうことだったんだろう・・・」と疑問に思うことが多いと思うんですけど、トークライブで事前に情報収集しておけば映画や作品の全体像がみえて、理解が楽になります。また、お目当ての役者さんのサインが貰えるというのももちろん嬉しいおみやげになります。

結婚歴のある置鮎龍太郎のCDアルバムの中身について

声優仲間と結婚・離婚歴があることも明らかになった置鮎龍太郎ですが、自身の名前が入ったCDアルバムを数枚発売しているようです。出演作品の関係でできたユニットにも参加していて、そこからもアルバムをだしているようですが、いまいち音楽CDなのか、歌はないのかよくわかりません。でも、声優さんって声を売りにしているだけあって、その延長線上の歌もうまいっていうイメージがあります。実際多くの声優さんたちが歌手としてもデビューしていますもんね。置鮎龍太郎のCDは「ドラマCD」と書いていますが、もしかしたらこれは声だけのお話への出演なんでしょうか。

浮気&熱愛報道された宮迫博之は映画やドラマでもよく見ます

恐妻家というにもかかわらず他の女の人との熱愛を報道された宮迫博之は、バラエティ番組だけでなく映画やドラマなどにもよく登場しますよね。以前はコント番組なんかでお笑いをやっていた記憶はあるのですが、ここ最近はバラエティ番組の司会やドラマなどの方が露出度が多く、彼らの持ちネタがどんなのだったかという昔の記憶はほとんどありません。唯一思い出すのが、美人な女性には厳しくあたるオカマのキャラクターです。今も若手の芸人さんが同じようなコント番組を引き継いでやっているみたいですけど、私は宮迫博之が出演していた時期のコント番組の方をよく見ていました。

上田晋也の番長だった過去

お笑いタレントの上田晋也は、今は中堅どころの司会もこなすインテリ芸人としての地位を得ていますが、過去は番長として仲間を引き連れていたそうですね。確かにリーゼントなんかのヤンキーの格好は似合いそうですが、今はいつもスーツを着ていてきっちりした印象なので、過去の様子はあまり想像できません。まあ、あの世代は10代の頃はほとんどがヤンキーだったといっても過言ではないので、不思議ではないですけれど・・・。なぜ番長だった人がお笑い芸人を目指そうと思ったのかよくわかりませんが、きっと今の相方さんなしにはお笑い芸人として頑張っていこうとは思わなかったでしょうね。

結婚はまだの平川大輔がミニアルバムを発売

結婚をしているかどうかはわからない声優の平川大輔ですけど、ミニアルバムをすでに2枚ほど発売しているようです。第一線で活躍している声優さんたちって、本業以外にもいろいろと活躍している人が多いですね。ミニアルバム発売も、本業に関連したところからなんでしょうが、声優さんはファン層が硬いのでCDを発売してもそこそこ売れるんでしょうね。ところで平川大輔は映画で大人気のイギリス人男優の吹き替えを専属で担当しているみたいです。そのイギリス人男優が好きな人も、実は平川大輔さんの声に魅了されているってことかもしれませんね。

声優の羽多野渉と結婚したい人はいっぱいいます!

私は羽多野渉という声優さんのことはよく知らないのですが、よく声優さんたちのことをインターネットで調べると、必ずといっていいほど「声優の○○さんと結婚したいのですが、○○さんは今結婚しているんでしょうか」というような投稿があります。その声優さんのことをまだよく知らない人からの投稿のようにも見えますが、声での演技を聴いて「結婚したい」とまで思う熱狂的なファンっているもんなんですね。そんな羽多野渉ですが、同じ声優である女性のことをファンとして好きだと公言していますね。同じ業種でファンになっちゃうっていうところが笑えます。

放送事故が心配な桃井かおりの熱愛の今後

以前は熱愛報道でも花を咲かせた桃井かおりですが、その歯に衣着せぬ言動から、放送事故は多いんじゃないかな、なんて想像してしまいます。何しろ世間一般の常識をくつがえすような思想や行動をするので、生放送への出演は難しかったでしょうね。でも、そういう自由気ままな発言は時に普段から言いたいことを我慢して生きている人たちにとっては小気味良くみえるものです。この前も、奔放に行動する若手女優がマスコミに叩かれていた時に、舞台挨拶の場でその女優さんを「ホントはいいヤツなんだよ」とかばっていたのを見て、かっこいいなと思ってしまいました。

ドラマにも多く出演している渡辺大の熱愛について

この頃ちょこちょことテレビドラマに出てくるようになった渡辺大の熱愛についてですが、渡辺大は2008年に年上の一般女性と結婚をしたようです。言ってみればできちゃった結婚なんですが、渡辺大自身は当時まだ23歳。芸能界ではまだ新人といった立場だったのではないかな。結婚は早すぎたんじゃないかと思わないでもないけれど、実際のところその後も第2子も誕生して着実に家庭という基盤を作っていますよね。俳優業の方も、バラエティ番組への出演はそこそこに、役者の道をちゃんと踏んでいる様子なので「親の七光り」という言葉はいずれどこかに吹き飛んでしまうでしょうね。

「そこの彼女」と語りかけ、他人の熱愛を斬るみのもんた

「お嬢さん」や「そこの彼女」なんて言葉でカメラに語りかけるみのもんたって、朝から事件やら芸能人の熱愛やらにズバズバ発言していますよね。司会者でありながら、他のコメンテーターと同じように本音を言いまくるのは昔から変わっていないようです。そんなみのもんたも不況の煽りを受けて、ギャラが高すぎるという理由で司会番組が少なくなってしまいました。でもゴールデンタイムの高視聴率のバラエティ番組は長らく続いているし、今でも「司会者のトップ」であり続けていますよね。ベテランの司会者たちに共通してあてはまることですけど、みなさん決して老けないですよね。現状をずっとキープするってかなり難しいと思うんですけど、すごいです。